Skip to content

妊娠3回経験 長くても1年以内に体重は戻りました。

私は第一子を出産後、その子の一才の誕生日前には、体重は妊娠前に戻っていました。

第二子の時は一週間で戻り、第三子の時は、もうお産はこれが最後という思いがあり、リラックスしてモリモリ食べてしまったので、一ヶ月くらいかかりました。周りからは、「いつも戻るの早いねえ」と言われ嬉しかった記憶があります。

私の場合、体型、体重が早めに元に戻った要因は、あっさりした食事と、それによるあっさりした母乳、気に入ったサプリメントの服用、この3つだったと思っています。

第一子出産後、多くのお母さんがそうかと思いますが、私は母乳が充分出ませんでした。吸われると痛いし、たっぷり出ないので赤ちゃんは泣くし、私も何度も泣きました。

その頃、ドイツ人の知人が、ご自分で調合したハーブを水に溶いて飲むよう薦めて下さいました。確かにちょっとは母乳が出やすくなった気がしました。

それがきっかけで、日本のもので自然派的な方法はないかと模索しているうちに、ある友人から「七田式」という本を貸して頂きました。それには昔ながらの食事で、御飯、お味噌汁、野菜の煮物、時々お魚、というメニューが、赤ちゃんにとってあっさりした美味しいおっぱいが沢山出る、という内容がありました。

やってみると確かに母乳が出やすくなり、赤ちゃんが沢山飲んでくれるし、母体の循環も良くなる為か、徐々に私の体重が減ってきました。不思議と痩せていってもお腹のたるみは出来ず、スッとなっているのです。その頃気に入っていたサプリメントも手伝ったのかもしれません。

このあっさり食事は人によりけりかもしれないですし、賛否両論もあるようです。しかし私には効きました。気持ちが明るくなりました。第二子、第三子とさらに楽になりました。

2人目、3人目のとき

第二子のときは、あまりに早く体型、体重が戻ってきたので我ながら驚きました。便秘もなく排尿の量がとても多かったのを覚えています。顔は暫くむくみがありましたが、体はどんどん戻っていきました。

第三子のときなどは、前の二人のときと比べると、色々なものを沢山食べたので、今回は戻れるかなあと不安でした。しかし私はチョコレートを食べるとよく乳腺がつまったので、そうなると焦ってまたあっさりした食事にしました。すると、母乳はまた出やすくなり、私のお腹もへこんできたので、楽しくなってまたその食事を続ける気になります。

a0002_011998

そしてまた目に見えて体全体がスッキリしてきました。母乳をやめてからもしばらくは、御飯、味噌汁、野菜の煮物、時々お魚、を基本とした食事を気に入って続けました。勿論大好きなお肉やお菓子なども食べましたが、体型、体重が戻る喜びの方が大きかったので、食べ過ぎないという事が出来ました。

妊娠前の服が着られる喜びはひとしおです。効き目のある方法は人それぞれかもしれませんが、子どもを産んだら体型、体重は戻りにくい、というのは思い込みです。

産後は急速に母体が元に戻ろうと働きだすときです。それはとても戻りやすいチャンスの時のはずです。多分ストレッチなどする必要もありません(体が硬くなっているので、そのためにストレッチをするといいですが)。

基本的な、食事、排泄、睡眠によって体は元に戻れるはずで、その中でも食事がポイントなのではないでしょうか。赤ちゃんに吸われる量やエネルギー、又母体が消耗するエネルギーに見合った食事をすると、「自然に元に戻る」のではないかと考えます。

Published in体験談